簡単に改善出来る体臭~商材でコンプレックス解消~

口の臭いを抑えるコツ

笑顔

口臭は誰でも出るものです。しかし、だ液の分泌量の低下や歯磨きの不足から口腔内に雑菌が繁殖し、それが原因となって不快な臭いを出すことになります。それを予防するためには、だ液の分泌を増やすように日頃から意識し、歯磨きをちゃんと行うことが大切です。

もっと読む

生活習慣とデンタルフロス

スマイル

口臭対策として、普段の生活習慣の見直しと定期的なデンタルフロスによる汚れの除去を挙げましたが、この二つを実行するだけでかなりの効果が期待できますし、それほど難しいことではないので是非実践されることをお勧めします。

もっと読む

体の臭いを解消するには

錠剤

体臭改善にはお風呂やシャワーで体を清潔にすることはもちろんですが、サプリメントを活用することでも効果が期待できます。事前に口コミやランキング情報を参考に商品選びをしていけば、より自分の好み、予算に合ったサプリメントをピックアップしていくことも可能です。

もっと読む

食生活に気を付けること

男の人

知識を把握しよう

体臭の原因は人それぞれ違いますが、食生活と生活習慣を改善することが、体臭改善の基本であることは共通しています。脂っこい食事、添加物を含む加工食品、ニオイの強い食品などを日常的に摂取していると、必然的に体臭は強くなります。その逆に、和食中心の食生活を送りながら、ビタミンやミネラル、乳酸菌やオリゴ糖・食物繊維を豊富に含む食品を継続的に摂取していると、体臭が強くなることはまずありません。それでも体臭が気になる場合は、摂取量が多すぎる、もしくは生活の中でストレスが大きいことが原因にあげられます。食事内容を改善するだけでなく、摂取量にも気を付けて、ストレスの少ない生活を送るようにしましょう。

自律神経失調にも注意

自律神経失調も体臭の原因になります。自律神経失調の原因は主にストレスですが、更年期障害の症状として発症する場合もあります。自律神経失調に陥ると、交感神経と副交感神経のバランスが乱れます。交感神経の働きが常に優位の状態になるケースが多く、その状態においてはアポクリン腺が刺激されて強い体臭を発します。またアポクリン腺主体のニオイ以外にも、自律神経が乱れることで腸内環境が悪化すると、腸内が発酵してアンモニアのような甘ったるい臭気を出します。それを血液が吸収してしまうことで、口臭や体臭を強めてしまうのです。自律神経失調はこのように体臭の原因となるのです。それを防ぐためには、生活改善や更年期障害の治療を行い、自律神経失調の予防・治療を行う必要があります。

男性も女性も自分の体臭が気になる時期が来ます。しかし、今でも間に合うことができます。まず、体臭の原因となっているのは、加齢臭やその人の体臭という可能性もあります。半分以上は、加齢臭がなっている人が多いです。加齢臭は電車乗っている時でも、他の人が鼻をつまむくらいの臭い持つ人もいます。対策としては、お風呂のときにいつもより清潔に細かく洗うことが大切です。洗う時も、普通の石鹸の場合ではすぐに臭いができてしまうので、薬用のボディーソープで洗いましょう。薬用のボディーソープは殺菌能力があるため対策になるのです。